第1回カンボジア技術支援


Kingdom of Cambodia




 第1回 カンボジア支援報告

 「第2回カンボジア調査報告」でもお知らせしましたように、カンボジア軍70師団のMAO中将から「今のカンボジアで救急システムの構築は急務であり、今直ぐ市民、国民の生命を救うために行動できるのは、軍隊の衛生兵であり、救急隊の育成は急を要する。
 「一人でも多くの市民、国民の命を救うためにご協力願いた」と技術支援を要請されたことをお受けし、今回調査として技術支援を行いました。

 今回、技術支援に先立ちMAO中将と支援内容について協議した結果、中将からカンボジアの災害対応のための「災害派遣ユニット」構築に技術支援をしてほしいと要請させました。
 この組織は、日本で言えば総務省消防庁の「緊急消防援助隊」のような役割です。
 自治体組織の脆弱なカンボジアのため、機動力のある軍がその役割を担うと言うことだそうです。
 今回は、その訓練の第一段階としてMAO中将が10名の訓練生を選出し、9週間の体力作りの訓練を指示してきたそうで、その訓練生に3日間の訓練を実施してきました。

 今回の訓練テーマは、「命を救え!」「自分で考えろ!」(資機材が少ないため自分で考え工夫する)そして訓練項目は、「バイタルサインの観察」として器具が無いため五感による観察。

「緊急処置」として三角巾法の止血、被服、固定。
「緊急救出」として油圧救助資機材使用訓練。
「緊急搬送」として 徒手搬送、簡易担架作成、スクープストレッチャーの搬送・全身固定など、現地にあるものを使用して訓練を実施しました。
 日中の猛暑の中、70師団の基地内で9時から16時30分まで訓練しましたが、指導員の私たちは終始JPRのTシャツでしたが、訓練生はほとんど活動服のままの訓練でした。
 そして19時から0時までプノンペン市内でカンボジア軍の衛生兵が乗務している救急隊2隊に同乗し、昼間の訓練生とともに現場指導を実施しました。
 私と西山さん(看護師)のペア組と播磨さんの2組に分かれての夜間現場指導となりました。
 宿舎の70師団に帰って、シャワーを浴び終えると1時を過ぎているという毎日でした。
 そして7時の朝食まで一眠りして、9時には訓練実施という規則正しい生活に消防学校時代を思い出したしだいです。
 最終日、中将と今後の支援について再度協議し、災害派遣ユニット構築のために再度技術支援を要請されました。
 また、その災害派遣ユニットは、大規模災害の無い平時は、プノンペン市内の救急と救助活動も実施することになります。
 これに対する技術支援を3年間することとなり、3月22日付けで覚書を交わしました。
 これで正式にカンボジア国から技術支援の要請を受けたことになり、JPRにとって初めて一国の政府から直接の支援要請を受けた訳です。
 ころろで、今回私達の受け入れについて70師団では最大限のもてなしをして下さいました。
 毎回の食事はもとより、宿舎の玄関前には日の丸を掲げJPRを歓待して下さいました。
 また、今回のカンボジア支援では、JPR役員でTICOから派遣されている五十嵐さんご夫妻には、事前からの万端な準備をして頂いき本当に感謝しています。
 以上、支援の概要をお知らせしましたが、今回の覚書にもありますように、今後3年間はカンボジア国への支援が継続します。
 この支援には、JPR会員の皆さんのご協力とご支援が不可です。
 JPRの基本理念「一人でも多くの命を救うために」を実行するため、今後ともご協力とご支援をお願い致します。
                                     JPR:日本国際救急救助技術支援会

                                      会長: 正 井  潔




第1回カンボジア技術支援・レポート
      JPRの播磨です。
カンボジア調査・支援のご報告は会長からありましたので、私からは現地の様子を写真でご紹介いたします。
 第1回カンボジア技術支援レポート

乗継の仁川空港でWBC韓国に1−4で負けたと
聞いた瞬間…

 プノンペン空港で五十嵐さんのお出迎え。

 プノンペン空港にはピーターさん(真ん中)、
 マーサルビクラ少将(右端)も来てくださりました。


 基地でのお出迎えは更にえらいことになってまし た。
将校全員整列、軍楽隊の演奏、儀仗隊の栄誉礼まで…。

      とうとう仏様になった会長…。

     礼式後に将官の方々と打合せ。

 そして、いよいよ今回の訓練生とご対面です!

 黒い肌、精悍な顔つき、鋭い目!彼らは
 第70旅団でも選りすぐりの精鋭です。
 翌日早朝の調整会議。 

 会長の右隣は通訳のダワンさん。

 関西にも数年在住経験ありで関西弁OKです!

 写真の左の手前の方はカボ大尉。

 今回非常にお世話になり、我々滞在中はあまり自宅へ帰れず奥さんにご迷惑をおかけいたしました。

いよいよ訓練スタート! 

 訓練前の整列。
 彼らのきびきびした動きはさすがです。

 彼らは救急隊員ではないので、まずは視覚、
 聴覚、触覚にバイタルサインの確認から。

 三角巾使用法。指導しているのは現地で活動中 
 の日本人救急隊指導員ユガタさん。

    初めは戸惑ったものの慣れれば…

   小隊長をあっというまに処置完了!

   ミスをすれば消防と同じくペナルティが。


(播磨隊員)      搬送方法も一から行いました。
 徒手1人搬送、2人搬送から始まり簡易担架(ロープ、服、シート)そしてスクープストレッチャーと行い、最終的にはスクープストレッチャーと三角巾(現地にあるもの)を使用した可能な限りの脊椎運動制限にトライ!

  油圧式破壊器具はやはり人気あります。

  会長も炎天下の中、腰痛をおして指導。
 最終的に救急隊、救助隊、現場警戒隊の連携により処置、救出、安全確保を同時進行で行いました。
 日本では消防と警察は任務が別れていますが、彼らは1人の指揮者の下それを行うことが可能です。
 警戒隊が迅速に野次馬を排除し警戒区域を設定。
 救急隊と作業を終えた救助隊が共同で車外救出。

       訓練後、会長より講評。

  昼間訓練を終えホッと一息、ハイポーズ!

夜間救急同乗訓練出発
 初日は平穏でしたが2日目は殺人事件もありあっという間に時間は過ぎました。
 同乗した感想は率直に言ってまだまだレベルアップが必要です。
 出場の合間にストレッチャーの基本操作を救急隊員から訓練生に指導してもらいました。

訓練生が早速習った三角巾で処置をしているとこ
ろです。


 搬送後、申し送りも見学しました。しかし、Drは  全く聞いてません…。
 搬送連絡も無い体制ですので、今後改善が必  要です。

  ブレークタイム! 訓練生のイケメン君。

           救急車内部。
 一見日本と変わりませんが充電や酸素充填は十分出来ない状況です。
 今回は陸軍病院も訪れ、今後医療チームを派遣した際の受け入れ体制等も調査しました。
 訓練中、急遽陸軍トップのPOL SAROEUN将軍より司令本部へ来るように要請が…。
 さすがの会長もちょっと緊張!
 将軍は我々の活動に感激され、活動がスムーズに行くようにフンセン首相にもサインを頂いているので安心して下さいと励ましのお言葉を頂きました。

 記念品も頂きました。
 以上です。
 今後スラバヤと平行してカンボジアも支援が続きます。
 我々の夢、目標である1人でも多くの命を救いたいは少しずつですが確実に前進しています。
 今後更なる発展のために皆さんの支援活動をお待ちしています。
総務担当 播磨 賢



戻る
戻る