Cambodia AEON防災訓練とBrigade70 RRC711部隊による総合訓練。

Kingdom of Cambodia






2014.6.16 JPR会長 正井 潔氏のFacebookより

Please click the photo

 6月16日10時から間もなくオープンするイオンモールCambodia。

 約1000人が参加した自衛消防訓練にRRC711部隊も消防隊として参加しました。

 消防力が弱いカンボジアでは初期消火が重要で、消火器の訓練を重点に指導し、万が一のために避難訓練も実施。

 初めて見るRRC711部隊の一斉放水には歓声と拍手が起こっていました。

 (写真:Mr Soy narith Facebookより)


Cambodia AEON防災訓練とBrigade70 RRC711部隊による総合訓練。

 JPR(日本国際救急救助技術支援会)が技術支援している、カンボジア災害派遣ユニットのRRC711部隊による救急救助・消火訓練の様子です。

 Please click the photo

 Please click the photo

 Please click the photo

 Please click the photo

 Please click the photo

 Please click the photo

 日本から寄贈された50m級梯子車や10tタンク車、救急車・救助工作車、そしてポンプ車群。

 ヘルメット・防火服、ホースなど、すべて日本では経年劣化し更新された物ばかりです。

 日本で廃棄処分されようとしていた車両や資器材が、カンボジアで大活躍しています。

 JPRでは、物的支援も重要ですが、人的支援(知識や技術)の支援こそが最も重要で、「無償の奉仕」「人命を尊重する」と言った、消防のプロフェッショナルを育成することこそ、本当の支援であると考えています。

 Please click the photo

 Please click the photo

 Please click the photo


 Please click the photo

 Please click the photo

<カンボジアRRC711責任者の感想>

 非常に暑い天候の下、RRC711部隊はとても素晴らしい訓練を実施した。

 これは、日々訓練を重ねてきた結果で、日本の兄弟である、正井潔氏が訓練しサポートしてくれた賜物である。

 訓練参加した隊員達は、消防防災のプロでありスペシャリストである。自信と誇りを持って活動し、人々(市民)に信頼と安心を与えた。 (Mr Soy narith氏 Facebookより)

 Please click the photo

 Please click the photo

 2014年6月16日
   JPR:日本国際救急救助技術支援会 広報担当


トップへ

戻る