第1回インドネシア・スラバヤ市技術支援



Indonesia




2009・ 4/19〜 4/24
 第1回インドネシア・スラバヤ市支援報告
 気温38℃のスラバヤ市からチョット肌寒い神戸に24日の朝、全員無事帰国いたしました。
 スラバヤ市は、市長の方針で街路樹を多用した緑の多い街並みのインドネシア第二の都市です。
 スラバヤ市のスラはサメ、バヤはワニという意味でサメとワニが仲良くなってその名が付いた由来があるそうです。
 インドネシア第二の都市だけあり、防災関係機関はそれぞれ単一機関としては、一応充実しております。
 しかし、例えば交通事故でケガ人が発生しても市民は110番の警察に通報、警察官が現場到着し118番の病院救急隊に出動要請します。
 そのため救急隊の現場到着が20分以上要することは当たり前だそうです。
 さらに、事故車内にケガ人が閉じ込まれていても救出できる機関は無く、日本の消防署のように救助隊が存在しないため救助活動も行われません。
 また、消防署にも出動要請がかかることもありません。
 このように各機関が連携できてないことは、市幹部も認識しているものの法体系が整ってないため、なかなか改善が出来ないそうです。

       警察通信指令システム視察

         病院救急指令所
 そこでJPRは、各機関が少しでも連携できるシステムに改善できるような研修メニューを立案し、その第1回目の支援を実施してきました。
 前置きが随分と長くなりましたが、JPRが要望した研修生は病院救急隊、消防、警察から選出を依頼していたところ3機関から30名の研修生が選ばれてきました。
 第1回目の今回は、各機関の業務内容を理解することを目的に各機関の視察研修から実施したところ、ほぼ大成功。

        病院打ち合わせ風景

            BLS研修
 研修生もスラバヤ市のシステムの不備に気が付き、改善の必要性を唱えていました。
 今年4回の支援を予定していますが、最終回の4回目は各機関の連携を強固にするため大規模災害の訓練を市幹部に提案してきました。
 もちろん、回答はまだ頂いておりませんが、研修生はもちろんのこと州立病院の元副院長もその必要性を訴えており、実現できることが望まれます。
 スラバヤ市からの返事があれば、その結果をお知らせします。
JPR:日本国際救急救助技術支援会

会長: 正 井  潔

 第1回インドネシア・東ジャワ州スラバヤ市技術支援
スラバヤ第1回研修内容
 スラバヤ市は会長からの報告にあった通り、前回の調査で各組織は独自に確立した活動指針がありそれなりに機能していることは判明していました。
 これらの組織を救命の連鎖のように繋げることがスラバヤ市民のために最も効果的であると判断し今回はまずお互いを知ることから始め、訓練生自身が救命のためにどう各組織の歯車が噛合えばいいのか理解してもらうことに重点を置きました。
 内容としては、
1 警察、消防、病院救急隊の各通信指令センター視察
2 消防隊の救助技術、資機材
3 病院救急隊の救命技術、資機材
4 警察、消防職員がファーストレスポンダーとしてするべき処置、救急隊の処置補助

      警察通信指令センター

       消防通信指令センター

     ストモ病院救急指令センター
  


 病院救急隊員によるBLS指導、救急隊到着までのファーストレスポンダーとしての負傷者管理。
 これらを実施した後のデスカッションでは各組織の制服さえ着てなければ、まるで一つの組織が話し合っているような雰囲気で有意義な話し合いが行われました。
 また、ストモ病院ではお二人の医師により救命の連鎖の重要性、大規模災害時の対応の基本などを受講生に対しご講義をしていただきさらに理解が深まったように感じられました。
 インドネシアを離れる前日に行われたスラバヤ市当局者との会議では、前回と同様に組織の壁を理由になかなか踏み込んだ意見は聞けませんでしたが、最終的には「スラバヤと言えばインドネシアで最も進んだ救急システム」と言われるような街にするために市幹部でさらに協議を進めていきますというご返答をいただきました。
 前回調査時の会議と比べ見方によれば"進歩が無い"というようにも取れますが、大きな一歩の前の助走段階と考えています

       
      
 JPR副会長  播 磨  賢


戻る
戻る