インドネシア・スラバヤ市支援概要


第1回インドネシア・スラバヤ市技術支援


Indonesia




2009・ 4/19〜 4/24
 第1回インドネシア・スラバヤ市支援報告
 気温38℃のスラバヤ市からチョット肌寒い神戸に24日の朝、全員無事帰国いたしました。
 スラバヤ市は、市長の方針で街路樹を多用した緑の多い街並みのインドネシア第二の都市です。
 スラバヤ市のスラはサメ、バヤはワニという意味でサメとワニが仲良くなってその名が付いた由来があるそうです。
 インドネシア第二の都市だけあり、防災関係機関はそれぞれ単一機関としては、一応充実しております。
 しかし、例えば交通事故でケガ人が発生しても市民は110番の警察に通報、警察官が現場到着し118番の病院救急隊に出動要請します。
 そのため救急隊の現場到着が20分以上要することは当たり前だそうです。
 さらに、事故車内にケガ人が閉じ込まれていても救出できる機関は無く、日本の消防署のように救助隊が存在しないため救助活動も行われません。
 また、消防署にも出動要請がかかることもありません。
 このように各機関が連携できてないことは、市幹部も認識しているものの法体系が整ってないため、なかなか改善が出来ないそうです。

       警察通信指令システム視察

         病院救急指令所
 そこでJPRは、各機関が少しでも連携できるシステムに改善できるような研修メニューを立案し、その第1回目の支援を実施してきました。
 前置きが随分と長くなりましたが、JPRが要望した研修生は病院救急隊、消防、警察から選出を依頼していたところ3機関から30名の研修生が選ばれてきました。
 第1回目の今回は、各機関の業務内容を理解することを目的に各機関の視察研修から実施したところ、ほぼ大成功。

        病院打ち合わせ風景

            BLS研修
 研修生もスラバヤ市のシステムの不備に気が付き、改善の必要性を唱えていました。
 今年4回の支援を予定していますが、最終回の4回目は各機関の連携を強固にするため大規模災害の訓練を市幹部に提案してきました。
 もちろん、回答はまだ頂いておりませんが、研修生はもちろんのこと州立病院の元副院長もその必要性を訴えており、実現できることが望まれます。
 スラバヤ市からの返事があれば、その結果をお知らせします。
JPR:日本国際救急救助技術支援会

会長: 正 井  潔

第2回インドネシア・スラバヤ市技術支援


Indonesia



2009 ・ 7/19〜 7/24
 第2回スラバヤ支援に参加して
 第1回目支援に続き、ロジスティックとして参加させていただき
ました。

 19日に日本を出発し、乗り継ぎのバリでは夏休みの始まりにぶ
つかり、旅行客で大混雑。

 また、いつもは表に出ていないであろう空港スタッフのいい加減
な案内の為、JPRメンバーを含め多くの人が右往左往させられまし
た。

 入国審査に一時間以上かかり、急いでスラバヤ行きの飛行機に飛び乗りました。
 乗ると同時に飛行機は離陸、日本では乗客が居ないと待ってくれる、もしくは探してくれるかもしれませんが、外国はどうでしょう。
 もう少し、手続きが遅ければもしかしたら乗れていなかったのでは・・・・と、ゾッとしました。
 諌山さんから「こんな時は、メンバーは一ヶ所で待機し、ロジが確認すれば皆で右往左往する事は無いよね」と助言いただきました。
 ロジスティックとしての、役割であると反省。
 今回の支援は、20日がイスラム教の祭日で研修生が集まれない為、スラバヤの各施設を視察。
 研修会としては、21日・22日・23日の午前中迄と前回より1日短い研修となりました。
 20日は、LINMASという市民の為に活動する部隊(交通量の多い道路を渡る助けなど)の本部を訪問。
 この様な組織が日本にもあれば、一人住まいのお年寄り等、助けが必要な人達が過ごしやすくなると感じました。
 次に赤十字の施設を視察。簡易診察室や赤十字のスタッフの活躍を示す写真パネル室を見学。
 スマトラ沖災害発生時にも現地に向かい救急の活動をされた事を聞きました。

 また、一年に最低30回は、市民に対してのCPR等の講習会を実施しているとの事でした。

←(講習会の様子)
 献血の施設も見せてもらいました。
 献血台は13台あり、市民がぞくぞくと献血に訪れていました。
 日本のように、飲み物や粗品などはないそうですが、50回以上献血をすれば、もしもの時に無料で輸血が受けられる等細かい決まりが設定されているそうです。
 血は血で戻ってくるシステムになっているそうです。良いシステムだと思いました。
(血液が無造作?!に置かれているかと・・・素人目です)
 昼食後、スラバヤ市とマドゥラ島を結ぶ大きな橋を見せていただきました。
 橋の途中で、私と横尾さんの乗った車に異変が!一緒に乗っていた消防の人が窓を開け、しきりにタイヤを確認していました。
 マラドゥ島に着くや否や、車を止めて隊員さん達が車の下を覗き込み・・・・・ズルリ・・・・ベルトが切れておりました。
 ハプニングは、つきものですね。

(橋の上。両サイドが海?です。)

(手には、切れたベルトが・・・・)
 21日(研修初日)、消防学校の施設にて研修生48名に対しての研修会が開始されました。
 前回は、各所属のユニフォーム等を着ていましたが、今回は全員オレンジのおそろいのユニフォームを着用していました。
 一つのチームとして、立派な一つのチームに見えました。ただ、指導の上で誰がどの機関の人なのかが判別しにくいのではないかな・・・とも感じました。
 正井会長の一日をかけての講義とトリアージの流れの実習。今回から参加する研修生にも、正井会長の思いや、これから成そうとしている11月の大規模災害訓練やトリアージタグの使い方を説明。
 前回初日に感じた雰囲気を、今回も感じる事になりました。
 講義が進むにつれ、今回、初参加の研修生から色々と疑問やこの研修の結果等を問われました。
 正井会長や播磨さん、諌山さんは想定内だったと思います。
 ただ、前回から参加している研修生の方々は、同じ説明を聞くことになる為、時間がもったいないと感じました。
 当初より、正井会長が「4回とも同一の研修生で!」と言われておりましたが、限られた時間の伝えるには、とても重要なことと理解できました。
 トリアージタグについて説明をした際、赤十字の方は、独自のトリアージタグを使っているのでご存知でしたが、その他の研修生に確認したところ、それを知っていたのは3人だけと、かなり少ないものでした。
 時間の経過と共に、熱心な研修生とそうでない研修生が明確に分かれていく様に感じました。
 二日目、三日目とあるので、前回と同様に気持ちに少しでも変化が現れてくれると、私は考えていました。


 22日、朝8時に市役所へ行き、市の幹部とミーティングを行い、双方の現状報告を行い、終了後、消防学校へ。
 2日目の研修開始。
 前日の説明を元に、実践へ。
しかしながら、正井会長は一次トリアージが不完全であると判断され、もう一度、一次トリアージの説明をされました。
 午後も同様に、各機関ごとに訓練、医療従事者と医療従事者以外の動きの訓練などを繰り返し実習を行いました。
 質問する前回より参加の研修生のようす。






 中にはこのような研修生も・・・残念ですね。講義を聞く、姿勢には・・・。
 正井会長は研修生に、「皆さんには、スラバヤの市民の命を救うリーダーになってほしい。」と再度、伝られました。
 その言葉を受けて「初めてJPRの研修に参加し人は、理解に時間はかかると思うが、とても意義があるものだと感じているので、続けて欲しい」と、前回から参加されていたウィダグド氏(消防)が、発言してくれました。
 こうして、2日目の研修会は終わることとなりました。
 3日目の研修は、8月の訓練までに各機関から危機管理をする人を選出する事を決める事とし、最後の質問の時間へと突入しました。
 野村の目から見て・感じた事を書かせていただきましたが、今回の研修は非常に状況的に厳しいものになったのではないでしょうか。
 スラバヤの法律や現状という大きな壁と、「学ぼうとする思いのある人と学ぶ気の無い人が存在する中で、伝える難しさ」、指導する側もこの状況下での「気持ちの維持をする事の大切さ・難しさ」を見ていて感じました。
 今回の状況下で、正井会長・播磨さん・諌山さんは、もの凄く精神的にしんどい支援だったことでしょう。
 アメリアさんとアメリアさんの後輩のイラさんも、通訳としてJPRと研修生の間で大変だったと思います。
 特に、アメリアさんはJPRや支援内容について理解してくださっており、安心して通訳を任せることが出来る・信頼できるとはこういうことなのだと感じました。
 しかし、アメリアさんは8月より日本での仕事が決定している為、次回以降の参加が難しい事が残念でなりません。
〜その他の体験〜
 滞在していたホテルのロビーにて。野村・・・・ハエに見つめられました。10分以上動かないハエさんでした。
こんなに近寄っても動かない!!

(Harryさんにネクタイを結んでもらうみきてぃ)

(前回の支援で、色々とお世話になったユダさん。
 部署が移動になったのですが、駆けつけてくださいました!)
(消防学校から見える大きなモスク。綺麗でした。) (少し遅めの夕食。お座敷が心肺蘇生講習会場へ)
 日本に到着し難波から地下鉄に乗り込む際、スーツケースを持った私が階段を降りていると、周りの方から「大丈夫?」「手伝ってあげる」と声をかけていただきました。
 階段を降りきった時、気が抜け、荷物と共にびっくりするぐらいゆっくり「ぽてっ」とこけてしまいました。
 そこで、しりもちをついた私と手伝って下さった周りの人と大笑い。
 「ほんま、自分、大丈夫かいな(笑)」と。なんだか、とっても温かい気持ちになり、と同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 ここでは、書ききれない事がまだまだあります。
 是非、海外支援に参加して色々な事を体感してみてください。
 感動・気づきが、いっぱいありますよ!
 最後に、今回も支援に伴いご尽力くださった皆様に感謝し、次回のインドネシアの支援で、少しずつでも良い変化があることを願っています。
日本国際救急救助技術支援会

Japan Paramedical Rescue :JPR

野 村 和 永


第3回インドネシア・スラバヤ市技術支援


Indonesia



2009・ 8/30〜 9/4
 第3回インドネシア・スラバヤ市技術支援報告
 8月30日より第3回インドネシア・スラバヤ市に技
術支援に行ってきました。

 今回のメンバーは、正井会長、荒木さん、野村さん、
そして私の4名でした。

  会長を筆頭に、海外支援経験メンバーであったため、関空で集まってからも、段取りに戸惑うことなく荷物を預け、いつも恒例の集合写真もスムーズに撮れました。
            

 スラバヤに着くまでは、いろんなところで打ち合わせです。
 機内や空港内など、場所はかまわず、支援が成功しますようにと、願って!
 関空を出国してスラバヤ到着すると、お迎えの方が待っており、息のつく間もなく、歓迎の食事会がありました。
   
 食事会が終わって、やっとホテルでホッと一息つけました。
 明日からの研修に備えて、すこしの団欒も出来ました。
 会長自ら、支援メンバーへのマッサージもあり、明日からの技術支援に備えました。

 1日目は天気もよく、研修日和でした。
 写真はホテルの窓からのスラバヤ市です。

 訓練会場に着く前に、通訳のイラさんとサリーさんとホテルで待ち合わせをしまいた。
 訓練前の打ち合わせを行なって、いざ訓練会場へ!        
 一日目は、JPRメンバー4名、通訳2名、研修生49名で研修をスタートしました。
 午前中に一次トリアージの復習を行い、休憩をはさんで二次トリアージの練習です。
    
 今回の支援では、ちょうどラマダン(イスラム教の断食)であったため、受講生全員が日中は、食事はもちろん水も口に出来ない状況でした。
 しかし、その大変な状況にも負けないぐらいの熱意で、訓練を次々こなしていきました。
 研修後には、ホテルで反省会と次の日の打ち合わせを行いました。
 2日目の午前中は、2チームに分かれて二次トリアージの練習と搬送やログロールを行ないました。

 午後からは、11月の大規模災害訓練に向けた、演習を行いました。
 受講生を半分に分けての、傷病者25人程度の集団災害訓練です。
 傷病者役の人は、しっかり演技できるように真剣に、傷病者の想定を確認していました。
 三日目も、二日目の午後に引き続き大規模災害の自分の役割や傷病者の動線を確認するために、訓練を行いました。
 最後に三日間の支援の振り返りと、次回への課題を受講生に伝え、今回の海外支援を終了しました。
 今回の第三回スラバヤ市技術支援を通して、多くのJPRメンバーに協力をいただきました。
 その協力なくしては、海外への技術支援の成功はありません。
 次回の第4回スラバヤ市技術支援に向けて、JPRメンバー一同が協力していきたいと思います。
日本国際救急救助技術支援会

Japan Paramedical Rescue :JPR

関  祐 介  (看護師)


第1回インドネシア・スラバヤ市技術支援


Indonesia



2009・ 11/15〜11/19
支援報告は、ありませんがYouTubeの動画で

支援の様子を紹介しています。

  2009年11月 JPR:日本国際救急救助技術支援会は、インドネシアの第2の都市であるスラバヤ市(人口約300万人)において、

 一年を通じて計4回の「救急救助技術」の研修および支援を行なってきました。

 第4回、海外技術支援(11月15〜19日)では、11月17日に技術支援の集大成とも言える「大規模災害訓練」を実施。

 想定は、スラバヤ市の巨大ショッピングモールにおいて、火災が発生したというもので、逃げ惑う市民が将棋倒しとなり、多数の負傷者が発生した・・・。

 という訓練を実施しました。  <ビデオはその訓練の様子を撮影したものです>





戻る
戻る