代表あいさつ


「ひとりでも多くの命を救うために」

JPRに関するご質問が御座いましたら   info@jpr.gr.jp までお願いします。
注:(回答に数日を要する場合がありますこと、御了承下さい。)

 JPRは2013年1月17日で丸8年、カンボジア支援を開始して4年目となります。
 日本で唯一の救急・救助・消防技術支援のプロ集団として今年も活躍したいと思っています。

OUR DREAM

 あなたは知っていますか?
 途上国では交通事故や急病になった時、日本のように119番通報して直ぐに来る救急隊や救助隊のシステムがな
いことを。

 そこでは、あなたが想像もできない事が起こっています。
 その様な国々では通りかかりのトラックに、まるで荷物を乗せるように荷台に載せられ応急処置を受けることもな
く設備の整っていない病院に搬送されるのです。

 日本で暮らしていても交通事故や急病になりますが、手厚く応急処置され病院で充分に治療されます。
 これでこそ人間の尊厳が守られているといえます。
 しかし、途上国では救急救助システムが構築されてないため、この人間の尊厳が守られていません。

 JPRは、「一人でも多くの命を救うために」を基本理念に途上国の救急救助システム構築を支援しています。
 JPRには夢があります。
 一つでも多くの途上国に救急救助システムが構築し、多くの命が救われる日が来ることを。
                                     JPR理事長 正井 潔


 および  を是非ご覧下さい。


戻る
戻る