第38回「井植文化賞」で受賞


2014年10月4日
    

「国際交流部門」 団体受賞(JPR:日本国際救急救助技術支援会) 代表者 正井 潔 氏
 2014年10月4日に、JPR理事長の正井 潔氏が「第38回井植文化賞」を受賞しました。

 ※井植記念会とは、戦後の日本で復興と繁栄に足跡を残された、三洋電機株式会社の創業者・故井植歳男氏の意思に沿って、昭和44年に「財団法人井植記念会」として活動を始められ、奨学金支給や高齢者への支援活動、地域文化振興のための各種事業等など、多方面にわたり積極的な事業展開をされている団体です。

 井植文化賞とは、井植記念会が文化振興事業として昭和48年度に開設し、それぞれの分野でめざましく活躍した個人や団体を対象に、その功績を讃えるとともに、地域社会のより一層の発展に寄与するため制定されたものです。

 今回、全6部門ある中で、JPRの正井氏が受賞したのは「国際交流部門」での受賞でした。

 JPR設立から約10年・・・。

 アフリカのザンビアへの救急救助技術支援から始まり、現在のカンボジア長期支援に至る活動を、この様な形で評価して頂いた事に、正井氏自身も「このような栄えある賞を頂き、本当に感謝し感激しています」とのことでした。
 (JPR広報 日浦)

 井植記念会ホームページ(http://www.iuekinenkai.or.jp/index.html





戻る
戻る

※ここに掲示されている写真の著作権はJPRにあります、無断複写を禁じます。