特定非営利活動法人
Japan Paramedical Rescue



Cambodia Brigade70 RRC711

2020年10月 カンボジアのBrigade70 RRC711の近況

2020.10月初旬
【カンボジアの洪水被害】

約一週間降り続いた雨の影響で、カンボジアの国内各地で洪水が発生しました。

複数の州で鉄砲水が発生するなど被害が拡大、10月11日には、カンボジア災害担当が「洪水の影響で少なくとも十数名が亡くなったと」発表するなど、大規模な災害となってしまいました。

【Cambodia Brigade70 の出動】

カンボジア国王軍にも出動指令があり、Mr,Soy narith(ソイ・ナリ氏)率いる RRC711部隊も出動、「一人でも多くの命を救う」ため、出動態勢を整え現場に向かいました。

【10.14〜17/救出救助活動】

洪水被害を受けた住民を救助するため、大規模な救出救助活動が展開されました。

Mr,Soy narith(ソイ・ナリ氏)率いるRRC711部隊も、多くの人々をボートや車両などを使い安全な場所まで搬送。
集中豪雨による自然災害、洪水被害によって、多くの被災者が助けを求めていました。

日本でも、大規模な自然災害発生時には、消防や警察のみならず自衛隊が大活躍していますが、カンボジアでも軍隊や警察、そしてRRC711の救助隊や救急隊が協力し、多くの被災者を救出し救助、安全な場所まで搬送しました。

スライド写真は、洪水被害を受けた被災者を救出するBrigade70 RRC711のレスキューチームですが、これだけ大きな被害にあった被災者の皆さんですが、中には(救出される際に)安堵の笑顔を見せている方もいます。

「他国からの人的支援を受けることなく、カンボジア人がカンボジア人を救う」

お互いの言葉や感情が通じるコミュニケーションの大切さを感じます。

自国民への愛護的な活動が、信頼や尊敬、そして安堵の笑顔に繋がるものかも知れません。

救助活動終了時には、被災者や救助隊員達のため、RRC711の女性隊員達が、救出救助や救急業務で疲れているにもかかわらず、水が引いた後の環境汚染による感染やケガなどを防ぐため、清掃作業をしていました。







自損行為を阻止(救助)

2020年10月2日の朝
ひとりの男性が、高層ビル4階部分のベランダ手すり部分に身を乗り出し、飛び降り自殺を図ろうとしています。
連絡を受けた、Mr,Soy narith(ソイ・ナリ氏)率いるBrigade70 RRC711部隊のレスキューチームが出動し、救助隊と救急隊のチームは二手に分かれて、男性の救出に向かいます。
1チームは、救助マット(ソフトランディング)を準備、2チームは、3階のドアを破壊し部屋に進入、男性の説得に当たりました。
事なチームワークと素晴らしい活動で見事救出、男性は一命をとりとめました。
このBrigade70 RRC711救助隊の救出救助活動が、カンボジアの新聞やネット、テレビ放映で大々的に流されました。
    

一方、10月3日の午後にシアヌークビルでも同じような事件が…
36歳の中国人が建物の庇に腰掛け、飛び降り自殺を図ろうとしています。
ここでも、シアヌークビルの「カンボジア日本友好防災学校」に駐屯しているBrigade70 RRC711のレスキューチームが出動。
州警察と協力し、RRC711レスキュー隊員が説得を試みると同時に、救助マットを準備し万全の態勢で臨んだ結果、見事救出に成功しました。
人の命を救う
火災や交通事故だけでなく、Brigade70 RRC711は先進国と同じように、様々なシーンで活動し、活躍しています。
無償の奉仕で、国民の生命と身体、財産を守るべく、日夜頑張っています。
  







Copyright (C) Japan Paramedical Rescue :JPR
Japan Paramedical Rescue