NPO法人:JPR総会



JPR:日本国際救急救助技術支援会 第6回総会
 JPRの平成23年度総会が、実施されました。
1 開催日時:平成23年4月24日(日) 13:30〜
2 開催場所:「みなと島会館」(神戸市中央区)
 本日、NPOになり始めての総会が終了した事を報告いたします。
 遠方からも参加してくださった方々ありがとうございます。
 また、この総会に際し、MLで委任状を提出してくださった方々は、全会員数の3/4を超す方々が意思表明をしていただき、本当に感謝しております。
 些細な事でも結構ですので、今後ともJPRメールグループにて、ご返信をいただければ結構です。
 また、疑問点等もございましたら、遠慮なさらずにお聞きくださればと思っております。
 小さいことから、ぼつぼつと、JPRがますます大きな存在になれればと思っております。
 みなさん、共にがんばっていけたらと思っております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 

     

   - 過去の総会結果 -
JPR:日本国際救急救助技術支援会 第5回総会
 JPRの平成22年度総会が、実施されました。
1 開催日時:平成22年5月2日(日) 13:30〜17:00
2 開催場所:「みなと島会館」(神戸市中央区)


          熱弁する会長

       今回は、和室で実施
3 議題
 平成21年度 事業報告
 「昨年実施された、インドネシアとカンボジアの技術支援報告」プロジェクターを使用し、詳細な事業報告がなされました。
 平成22年度 事業計画
 会長より、今年度の事業計画が発表され、「カンボジア技術支援が中心となる・・」等の基本計画実施計画が示されました。
 会計報告
 会計役員の秋吉氏より、21年度の「会計報告」および資機材関連の詳細な話がありました。
 ※  今回、会長をはじめ各役員が多忙を極め、詳細な報告をMLなどで出来なかったこと。
 海外支援を行うための、各種手続きや報告関係、資機材・車両輸送に伴う事務や経費の話を詳細に聞くとことが出来ました。
 多種多様な事務処理、現地での訓練計画や結果報告などなど、非常に複雑で大変な事務量の様でしたが、それ以上に海外支援に参加しなければ、味わえない感動・達成感・充実感などを熱弁されていました。
 今回は、ゴールデンウイークと重なり、近畿圏の会員のみの参加となりましたが、充実した内容の総会となりました。
(JPR広報 日浦)

         NHKの取材ビデオ

   プロジェクターを利用した支援報告


JPR:日本国際救急救助技術支援会 第4回総会
 JPRの平成21年度総会が、実施されました。
1 開催日時:平成21年4月11日(土)
15:00〜17:00
2 開催場所:「みなと島会館」(神戸市中央区)
JPR会長:正井です満開の桜が咲く、4月11日神戸市内でJ
PR第4回総会が実施されました。

 例年になく20数名の参加者の中、和やかに行われましたので
その概要をお伝えします。



 JPR第4回総会内容
1 開会の言葉  副会長
2 会長あいさつ 会 長
3 議長選出  副会長
4 議事録署名人選出 議 長
5 議案審議
(1)第1号議案:平成20年度事業報告について  副会長
(2)第2号議案:平成20年度会計報告について  会計役員
(3)第3号議案:平成20年度監査報告について  監査役員
(4)第4号議案:役員選出について 会 長
(5)第5号議案:平成21年度事業計画について  会 長
(6)第6号議案:平成21年度予算計画について  会計役員
(7)第7号議案:会員からの議案提出について  会 長
(8)第8号議案:JPRの今後の方針について  会 長
6 閉会のことば 副会長
 1) 定例的な20年度事業報告及び収支報告、21年度事業予定及び予算計画が報告されました。
 その中で特筆すべき事項は、昨年の10月と12月匿名の同一の方から計200万円の寄付金を頂き、20年度と21年度の特別予算と位置付け「W基金」を設立し海外技術支援に助成することとしています。
 2) 21年度の海外技術支援は、インドネシア国スラバヤ市とカンボジア国を支援することとなりました。
 3) 役員の一部改選がありました。
 4) JPR事務局である兵庫医科大学救急・災害医学教室教授 丸川先生のご退任にされ、後任に小谷穣治先生がご就任されたのに伴い新たに小谷先生にもJPRの顧問に就任して頂きました。
 5) その他として、JPR会報をJPRのHPネットを通じて行います。
 全国の地区ブロックの方にもご協力頂き、地元のエピソードを掲載したいと思います。
 以上が第4回総会で決定した概要です。
 本年度も皆様と一緒に「一人でも多くの命を救うために」途上国に救急救助技術を支援したいと思います。
        
                                              
          

JPR:日本国際救急救助技術支援会 第3回総会
JPRの平成20年度総会が、実施されました。
1 開催日時:平成20年4月26日(土) 14:00〜16:00
2 開催場所:「みなと島会館」(神戸市中央区)
 JPR第3回総会式次第
 1 開会の言葉                 副会長
 2 会長あいさつ                会長
 3 議長選出                  副会長
 4 議事録署名人選出              議長
 5 議案審議
 (1)第1号議案:平成19年度事業報告について  副会長
 (2)第2号議案:平成19年度会計報告について  会計役員
 (3)第3号議案:平成19年度監査報告について  監査役員
 (4)第4号議案:役員選出について        会長
 (5)第5号議案:平成20年度事業計画について  会長
 (6)第6号議案:平成20年度予算計画について  会計役員
 (7)第7号議案:会員からの議案提出について   会長
 (8)第8号議案:JPRの今後の方針について   会長
 6 閉会のことば                 副会長
     


JPR:日本国際救急救助技術支援会 第2回総会
 平成19年4月22日(日)の13時30分から16時30分までの約3時間、神戸市のポートアイランドにある、「みなと島会館」2階会議室でJPR第2回総会が実施されました。
 JPR創立3年目を迎え、新たな体制作・会則についての見直しなど、様々な議案が提出されました。
 神戸・姫路や大阪のみならず、遠くは名古屋市・三重県のJPR会員の方々も参加し、各議題について意見交換などが行われました。

 JPR第2回総会
1 開催日時:平成19年4月22日 13:30〜16:30
2 参加者:16名
3 議事内容
  総会では、会則の一部変更及び細則の策定が主な内容で、その変更部分は次のとおりです。  
(1)会則の主な改正点
 @ 第1条の「設立趣旨」に「消防人と医療人」が設立したことを明確にした。
   また、「一人でも多くの人を救うために」を会の基本理念として導入した。
 A 第2章で会員の種別を変更した。
  ・会員種別を「正会員」、「賛助会員」、「顧問」とし、「フレンド会員」を廃止した。
  現行のフレンド会員は、「正会員」は第6条で言う救急隊員、救助隊員、特に「その他役員会が認める もの」は、第2条で言うJPRの「目的」である「発展途上国に救急救助技術の発展と普及のため直接的又は間接的に技術支援をする」ことからこの目的を持っておられる方は、正会員の資格要件を満たすことになります。
・現行の「フェレンド会員」方は、後日「会員変更申込」をメールさせて頂きます。
  ・「賛助会員」とはJPRの趣旨目的を応援する方です。
  なお、正会員と賛助会員の大きな差異は、総会での議決権の有無です。また、賛助会員も海外直接 支援に参加できます 
  が、支援参加者を役員会で募集しますが、内容によっては正会員のみの募集もありえます。
 B 会費を変更した。
  ・正会員:年会費5,000円
  ・賛助会員 個人年会費:一口5,000円
       法人・団体年会費:一口30,000円
 (2)「細則」の主要項目について
 @ 細則第3条で直接支援の現地指導への参加方法を明確にした。
   現地指導には「海外支援参加研修会」の受講を必須とするとともに、参加申込者から役員会が参加を決定することとなった。
 A 細則第5条で「入会申込者」は、役員会が承認することを明確とした。
 B 細則第12条で役員会は、会の円滑な運営のため役員会の下部組織として各種部会を設置できることとした。
   部会では役員会の依頼を受け各種研究等をして頂きます。
  以上が、総会で承認された主な重要事項です。


    



JPR:日本国際救急救助技術支援会 第1回総会
 平成18年1月17日、神戸市勤労会館会議室にて、設立1周年を記念して総会を開催しました。

 会は、正井会長が大遅刻をするという中で始まりました。

 お互い初対面の方が多かったため、初めは少し緊張ぎみでしたが徐々に慣れ、いつもの JPRの雰囲気に戻っていきました。

 スリランカ渡航が近づいていたため、主にその内容のすり合わせや、今後の活動方針等が話し合われました。

 そして何より、この総会では、さまざまな方との初顔合わせがありました。


 まずは、フレンド会員の鏡原信也氏

 この方は、2003年11月から2年間、JICAシニア海外ボランティアとしてザンビア国ルサカ市において活動されていた経歴を持つ方です。

 その活動を通しての、ザンビアのお国柄や国民性、活動の仕方等のアドバイスをいただきました。

 同じくフレンド会員の楠元直美氏

 芦屋の主婦が中心になって創ったナマナクラブという会の一員でもあります。

 この会は、マダガスカルへ自分たちで資金を集め、消防車を寄贈した実績があります。

 その経験から、ボランティア活動のアドバイス、マダガスカルへの技術支援要請等をお話いただきました。

 そしてフリーカメラマンの梶田誠氏

 梶田氏は、総会の数日前に、JPRがスリランカで技術支援の行う、という日経新聞の記事を偶然読み、スリランカでの同行取材を買って出ていただいた
のです。

 JICAとの関係も深く、海外経験豊富な方ですので、海外でのボランティア活動の厳しさ等をお話いただきました。

 こんな内容で第1回総会は終了しました。


 追記 1月17日という日は、神戸では決して忘れてはならない阪神淡路大震災が起こった日です。

 私たちは敢えてこの日を、設立日に選びました。

 当時神戸には、日本各地、世界各国からさまざまな形で多くの援助が寄せられました。

 神戸の人たちは、今でもそのことを忘れず、常に感謝の気持ちを持っています。

 そして、いつか恩返しをしたいと思っています・・・。

 また、被災した神戸には、全国各地の消防士達が集結し、共に活動を行ってくれました。

 その中で私たち消防士は、他本部に所属する消防士同士の連携の大切さを痛感しました。

 だからこそJPRは、神戸の消防士だけの活動ではなく、全国の消防士が集うものにしなくてはならないと考えています。

 JPRは、神戸で震災を経験した消防士が、そんな気持ちを消防士なりにカタチにしたものです・・ (文責 樋口)


戻る
戻る