カンボジアに寄贈資器材・車両輸送


 



2018年11月22日 国内活動報告
 先月、K市消防積載車の更新に伴い、旧積載車を当会へ寄贈いただけることになりました。
 輸出まで保管が必要になるため、会員達が国内活動を実施しましたのでご報告します。

 まずは、消防団詰所まで日本での任務を無事に終えた積載車を迎えに行きます。
 移送当日は天気が良いこともあり綺麗な朱色で立派でした。
 長年、地域を無事に守り切った積載車の姿は何処か誇らしげで、消防団の皆様がとても丁寧に使用・整備されており、車両を運転する私の手は緊張で少し汗ばんでしまいました。 

 神戸市内 某所に移動し保管・輸出準備が整い次第、車両6台はカンボジアRRC711部隊が積載車を次のステージへ連れてゆきます。
 積載車の活躍は、随時お知らせしますので、ページの更新を楽しみにしていて下さい!

 


日本国際救急救助技術支援会

Japan Paramedical Rescue

企画広報部 北 川 裕 也

2018年12月29日 消防団積載車2台がカンボジアに到着。

JPRを通じ、日本から寄贈された消防団積載車が、本日の7時30分頃カンボジアに到着し、Brigade70 RRC711部隊へと移送されました。

 日本で活躍し退役した車両達は、その後はRRC711仕様へと改造およびカラーリングされ、再び、異国の地である「カンボジア」で活躍することになります。

 この寄贈車両達が、カンボジア国民の「生命・身体・財産」を守るため、RRC711部隊とともに大活躍することを願っています。
  

 

 
 (写真:Mr,Soy narith。文責:JPR広報 Hiura)




戻る
戻る